« 『ゾンビランドフクオカ』ベータ版公開 | トップページ | 憧れは止まらない »

2022/09/27

ミニハードな日々

ココログから、1年間ブログを更新しないと記事の追加ができなくなるとの通知が。・・・そんなに更新してなかったっけ?(笑)

ゲーム作りについては次回作の構想や作りかけの作品もあるのですが、他に色々やることがありまして今は少しお休みしています。

ここ数年、過去のゲームハードのミニ版的なものがたくさん発売されています。異世界には行ったことないですがセガ好きなおじさんとしてはこれまで、「メガドライブミニ」「アストロシティミニ」を購入、10月発売の「メガドライブミニ2」も予約してしまいました。「アストロシティミニV」はシューティングはあまり得意でないので見送りましたが、タイトーのEGRETⅡミニもパドルコントローラーのセットで購入し、12月発売の追加ゲームも予約済です。あとはあれですか、「アーケード1UPアウトラン」も一応ミニハードなのかな。でも買ってしまったらそれで安心して、あんまり遊ばないというのもミニハードあるある、というか歳を取っただけなんでしょうかね。子供のころはゲームをする時間がたくさんあったはずなのに、なんでこんなに時間がないんだろう・・・

そんな中、メガドラミニ等の開発に携わったという「瑞起」という会社から発表された「X68000Z」。詳細は10月発表ですがおそらくはX68000のミニ版でしょう。当時X68000は、決して裕福ではなかった家庭の高校生にとっては高嶺の花。金持ちの友達の家に行って遊ばせてもらったくらいでした。X1やメガドライブとはレベチのアーケード版完全移植(今見ればそうでもないけど)とも言えるゲームの数々に憧れたものでした。

所有したわけではないのでX68000に対しては憧れ程度でそこまで熱い思いはないものの、「X1ミニ」とか需要なさすぎて絶対出ないでしょうから、時間はないけどカネはある現在、詳細が発表されたらポチっと行ってしまいそうで怖いですね。キーボードやマウスも付属するようですから、メガドラミニ程度の1万円前後というわけにはいかなんだろうなあ。でもメガドライブミニ2の周辺機器として登場する電波新聞社の「サイバースティック」。実はこれも予約しちゃってるんですが、もともとX68000の周辺機器だったものがメガドラミニ2用に復刻されるものですが、X68000Zにも対応しているのでは?なんてウワサもありますね。だったらもう買うしかないのかも(笑)

Index

|

« 『ゾンビランドフクオカ』ベータ版公開 | トップページ | 憧れは止まらない »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ゾンビランドフクオカ』ベータ版公開 | トップページ | 憧れは止まらない »