« 次回作『ゾンビランドフクオカ』 | トップページ | 『ゾンビランドフクオカ』ベータ版公開 »

2021/08/09

おうちゲーセン

いや~ついに来ましたよ、コレ。「ARCADE1UP OutRun」
箱、でかい。そして重い(約50kg)。佐川急便さんご苦労様です。

Dsc04671

 アメリカやカナダだと$550くらいなんですが、日本の販売代理店経由だと10万円弱。直輸入したら送料どれくらいなんだろうか、とか考えたりもしましたが面倒くさいし、限定250台ってんで後悔しないようにとりあえず買っとけ!って感じでポチってしまいました。その後程なくして売り切れ。まあ、買っといてよかったかな。

 収録ゲームがアウトランだけだったら流石に買わなかった可能性大ですが、他にも
・ターボアウトラン(当時これはハマらなかった)
・アウトランナーズ(当時そこそこやった)
・パワードリフト(当時かなりハマった)
そしてDLコンテンツとして「ラッドラリー」が追加できるとなれば、もう買うしかないでしょう!

 私にとって「アウトラン」というのは、特別な思い入れのあるゲームです。1986年に登場したときは中学生でしたが、デパートの屋上のゲームコーナーで初めてアウトランを目にしたとき、動く筐体、美しいグラフィック、素晴らしいBGM、真っ赤なフェラーリ・テスタロッサ風のオープンカーに金髪のお姉ちゃんを乗せて、分岐するコースで「レース」とは違う「ドライブ」を楽しむというゲーム性・・・すべてが衝撃でハマりまくり、よく塾をサボってゲーセンに通い詰めたものです。

Pxl_20210722_065501109
 2021年8月末まで、名古屋市博物館で開催されている「ゲーセンミュージアム」にアウトランのムービング筐体があると聞き、ANAのマイルが余っていたので先月福岡からわざわざ遊びにも行きました(緊急事態宣言が発出されていない時期ですよ)。2日間通って、かなり安全運転ですがプレイ回数6回で全5コース制覇!あまりウデは鈍ってなかったようですw

 以前、高田馬場にあるレトロゲーセン「ミカド」にも行きましたが、確かアウトランは画面が液晶のものに換装されてたりしましたね。ちゃんと動く当時の筐体ってもはや国宝級ではないでしょうか。ちなみに「ギアガチャ」は、あの技のせいでどこのゲーセンもギアがダメになってしまった筐体ばかりになってしまったので大嫌いで、やったことがありません。あれのせいで、良質な筐体があまり残っていないのでは?と思ってます。

Dsc04688
開梱して組み立て。二人で組み立ててね、と書いてありますが、一人でも不可能ではない。だいたい2時間くらいで完成。

インテリアとしてもなかなか秀逸ですね。海外のYouTuberさんが色々カスタムしてる動画がたくさん挙がっていますが、よく見るのは「SEGA」のロゴステッカーを貼っているというもの。よりホンモノっぽく見えるので、私もやってみようかな。

Pxl_20210809_115001439

|

« 次回作『ゾンビランドフクオカ』 | トップページ | 『ゾンビランドフクオカ』ベータ版公開 »

ゲーム」カテゴリの記事

よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次回作『ゾンビランドフクオカ』 | トップページ | 『ゾンビランドフクオカ』ベータ版公開 »