« GIGASNOID | トップページ | ゲームを作ろう! »

2014/08/15

DRAGON SLAYER

Ds01

 

・ジャンル : アクションロールプレイング
・発売元 : 日本ファルコム

 いわゆるアクション・ロールプレイングゲーム(ARPG)の先駆け的作品。当時はまだロールプレイングゲームという概念もさほど浸透していませんでした。ことコンピューターRPGについては、プレイヤー自身が文字通り「役割を演じる」という、テーブルゲームを発祥とした本来のRPGの意味から少し外れて、ゲームの進捗によりキャラのパラメータが変化して強くなっていくタイプのゲームがいわゆるRPGとして認識されてきました。まさにこの「ドラゴンスレイヤー」もそういう作品です。その後日本では「ドラクエ」や「ファイナルファンタジー」の登場により、キャラの成長+与えられたシナリオを辿っていくという要素を持つものが、RPGの王道として認識されることになります。

 色々と厳しいゲームです。面白くないということではなく、難しい、というかキツい。特に序盤。ゲームの流れは以下のようなものです。

Ds00_2

 何はさておき、剣を探します。剣を取ると「ゴースト」が活動を開始し、その辺に落ちているアイテムを盗んでいくので、家のそばに他のアイテムが落ちていればそっちを優先してもいいでしょう。


Ds02

 剣を取っても、まだ骸骨みたいなヤツしか相手に出来ないのでなるべく敵を倒さないようにします。倒すと次に強い敵が墓から沸いてきます。指輪を拾うと壁を動かせるようになるので、まずは全ての墓を壁と十字架で囲って「生簀」を作ります。生簀を作っていく段階で、「鍵」を発見できればラッキー。というか何としても鍵をゲットする必要があります。鍵を手に入れたら、宝箱が大量に置かれている場所に家を引っ越して、主に攻撃力の強化。攻撃力を上げたら、生簀の中の敵を倒しまくり。強い敵が出てきたら一旦撤退、また宝箱を開けて攻撃力UPの修行。この繰り返しです。

Ds05

 十分強くなったら、いよいよドラゴンに挑戦・・・の前に、十分な数の十字架があればドラゴンの周りを囲っておきましょう。家はドラゴンの首を一つ落とした時点でスタート地点に戻り、二つ目の首を落とすと全てのモンスターがフィールド上から消えて家から沸き始めるので、その前に再度ドラゴンの側に家を移動して生簀にしておきます。

Ds07

 三つ目の首を落としてドラゴンを倒すと4つの王冠が現れ、それをすかさずゴーストが奪って持ち去ってしまいます。ドラゴンを十字架で囲っておけば、ゴーストは逃げられず比較的楽に王冠を回収できます。王冠を4つ持って家に帰れば面クリアですが、王冠を持っていると頼みの魔法も使えないという鬼仕様で、家からは際限なくモンスターが沸き続ける・・・という状況で、一筋縄では行きません。

Ds08

 1面クリアするのにとても時間が掛かりますが、マニュアルによればX1以外のテープ版はセーブができないとのこと。面クリアしたあと死んだらその面からスタートできますが、電源を切ったら1面からやり直し。厳しいですね。セーブについても経験値(=防御力)が5万以上必要、しかも再開時に経験値の25%を失うという厳しい条件が付いています。経験値5万というとゲーム中盤くらいのようやく軌道に乗ってきたくらいの段階です。序盤が一番大変なゲームなんですけどね。セーブが出来るくらいゲームが進むと、あとはどの面でもやることは大体同じになってしまうので、正直飽きちゃうかも(笑)。一体何面まであったんでしょうか・・・?

 足とかタモリ、電子レンジ(テレビ?)や他ゲームからのパクリ引用(マリオの亀、ブラックオニキスのOgreやBeastみたいの)とか、個性的な敵キャラからそこはかとなくB級ゲームの香り漂う本作品ですが、パッケージにも「前代未聞麻薬的爽快遊戯」とあるとおり、基本的には単純作業なのに何故かハマってしまいます。そしてこの作品の優れたところは次回作の超S級ゲーム(個人的見解)、「ザナドゥ」に受け継がれていくことになります。

Ds03_2

|

« GIGASNOID | トップページ | ゲームを作ろう! »

市販ゲームレビュー」カテゴリの記事

コメント

初めまして。ゲームジャンルなどでライター・編集業を営んでおります森瀬と申します。『THE NADU』の記事などをはじめ、大変興味深く拝読させていただきました。当方は(株)D4エンタープライズのレトロゲーム復刻販売サービス「ProjectEGG」に立ち上げ時から関わり、現在も運営会社からのご依頼のもと、ソフトウェアやハードウェアなどの資料調達面で協力させていただいております。
そちらの関連でこのほど、管理人様にご協力をお願いしたいことがございまして(有償前提でのお話となります)、不躾ながらコメントのを送信させていただきました次第です。ご興味がありますようでしたら、メールにてご一報いただければ幸いです。折り返し、具体的なご相談内容についてご連絡させていただきます。

投稿: 森瀬繚 | 2021/10/06 14:39

コメントありがとうございます。ここは時々しか見に来ないので、コメントに気付くのに遅れることが多々あります(笑)
協力とは、どのようなことでしょうか?というかここへの書き込みだと気付いて頂けないのかな?

投稿: Y310Games | 2021/10/10 16:20

こんにちは。先週中にもチェックしたはずなのですが、ご返事いただいていたことに気づかず失礼致しました。

>協力とは、どのようなことでしょうか?

企業の関わる業務上のお話になりますので、まことに申し訳ございませんが、掲示板のような第三者の目に触れる場所でのやり取りは差し控えさせていただればと。
お手数をおかけしますが、興味がおありということでしたら、当方のメールアドレス(書き込み時に入力していますので、管理人様の方からは確認可能かと思われます)宛てにご連絡いただければ幸いです。

投稿: 森瀬繚 | 2021/10/18 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DRAGON SLAYER:

« GIGASNOID | トップページ | ゲームを作ろう! »